スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

  

6歳前にレオさんの検診を済まそうといつもの病院に行ってきましたが
無駄にレオさんを痛めつけただけで終わりました。

今回は保定できる助手さんもいらっしゃいましたが
エコー時の保定はなぜか私。

いいたかないけど妊娠後期のでかい腹を屈めて保定するのはきつかった。
ほんで一度保定に失敗してレオさんが私の肩に乗ってあたふたしてしまいました。

すると獣医さん「この後の診察も手術もあるんで診察も出来ない子に時間は割けない」
だそうで。それ保定を私にやらせた上で、レオさんが確保できてなくてあたふたしている今言うかね
とさすがに頭にきたので「では帰ります」と。

私とレオさんも他の方と平等に1時間半診察待ちをしましたし
優先しろとは一言も発していませんし、他の方の診察が優先でもそれで当然だと思って待ちました。
後日にしてほしいとも言われていないので普通に診察を受けました。

ただ、先日の受診の際に獣医さん「次はうさぎの保定ができる人がいるので
次回は血液検査でも(=健康診断でも受けては?)」などとおっしゃっていたのに

今回は受付の際、歯はみれませんレントゲンも無理だむりむりーと
頭でも打ったんかという手のひら返しっぷりだったので初めから少々不安でした。

最高に意味不明で不愉快でした。
多分、普段あたられ役の獣医さんの奥様がいらっしゃらなかったので
私にあたられ役のお鉢が回ってきたのかなと。

今後緊急時以外は行かないな。とんだ無駄金でした。
健康診断ができる水準の病院を探し直さなければ。

今後は極力病院は避けて家庭で予防するしかないのかな。
でも自力で歯は診れないし自力でレントゲンなんて出来るわけもないし。

レオさんには健康に生きて、この先もし治療出来ない問題が発生したらいち早く緩和ケアしつつ
穏やかに一生を終えてほしいと思っていますが難しいです。
スポンサーサイト

category: 病院選び

thread: うさぎ - janre: ペット

tb: --   cm: 12

ああー(沈)  


れお

一ヶ月ほど前に『レオさんしばらくうっ滞になってないぜやったー』
という内容の記事をあげたのですが

GW中の5月3日、久方ぶりのうっ滞になりました。
いつもの病院でいつもの処置&飲み薬で現在は回復しています。

今回は病院から帰宅後ちょこっと水を飲んだだけで
その後はずっとお腹痛いの体勢が解けず
結局、排泄や飲み食いをするまでに今までで最長の17時間かかりました。

治ってほんとにホッとしました。
偉いぞレオさん。強いぞレオさん。

換毛が激しくなっていたことと、昼間の急激な気温上昇のダブルパンチで
体力を持って行かれていたのが原因ではないかと思っています。

昼間の冷房は入れてたし、うっ滞になるまでは水も充分飲んでいたので
大丈夫だろうと思っていたのですがダイジョブジャナカッタよ~_~;

何はともあれ治ってくれてありがとうレオさん。
-- 続きを読む --

category: 病気

thread: うさぎ - janre: ペット

tb: --   cm: 6

脱水防止  


1_201503181233121e8.jpg

3歳を過ぎた頃からうっ滞を繰り返すようになったレオさんですが
今回の冬は一回もうっ滞にならなかったー!(最後になったのは去年の8月)
やったぜレオさんすごいぜレオさん。

2_201503181233130e3.jpg

過去、レオさんがうっ滞になった時は
必ずと言っていいほど脱水していたので

脱水を防ぐことがレオさんのうっ滞を防ぐ
一つのポイントだと考えています。

これまでも、日常的に葉野菜をあげたり
給水ボトル(飲み辛い)は使用せず深めの皿を使って給水したりと
水分補給を心がけていましたが

去年の最後のうっ滞から
飲水量を毎日記録することにしました。
これがレオさんの体調管理にはとても役に立ってます。

普段より水を飲んだ量が少ない時は室温を上げて水を飲むことを促し
葉野菜の供給量を増やすことで水分の補給を手助け。

気温の低い日や低気圧で荒れそうな日も
暖房の温度を普段より高めに設定して
あらかじめ葉野菜を多めに供給しておくとちょっと安心。

↑暖房は部屋全体をエアコンで温め、ケージにはパネルヒーター設置
どちらも24時間付けっ放し

これでだいぶ脱水を防げているのではないかと。

3_2015031812331590d.jpg

これからもずっと続けていきます。
もっと早くから習慣にしておけば良かったなぁー。

もう一つのうっ滞を防ぐポイントである
『歯の健康=牧草』について思うことはまたこんど。

category: うっ滞・歯切り・牧草

thread: うさぎ - janre: ペット

tb: --   cm: 2

ちもちも  


チモシー_Fotor 

1.カナチモ1番刈りダブルプレス(こころのおうち)
【茎】 しっかりした茎だけどダブルプレスなので固くない
【葉】 こげ茶色で短い。あまり入ってない。

2.チモシーゴールド2番刈り(APD)
【茎】 柔かくて短い茎。あまり入ってない。
【葉】 ふわふわ柔らか緑色。短め。粉多し。

3.カナダ2番刈り(ネイチャーブリード)
【茎】 細くて固い茎。あまり入ってない。
【葉】 柔らか茶色の葉っぱ。長め。

不正咬合が判明してからレオさんがもっと食べてくれるチモシーを探して
いろんなメーカーの1番刈りと2番刈りを試してみました。

片っ端から試してレオさんの反応を見ては一喜一憂。

気に入ったものはほっといても食うことに気がついてから
いちいち上がったり下がったりするのを止めましたが
なんだかんだ振り回してごめんよレオさん。

たそがれお
は〜やれやれ

で、あれこれ試した結果、上の写真の3種は
レオさんの反応が良かったので(レオまっしぐら)

もともと食べていたワードルー一番刈りシングルプレスと上の3種で
計4種類のチモシーをあげることにしました。

一番刈りは繊維たっぷり。お腹と歯の為に
二番刈りは食べる量の底上げに

上の写真は比較の為の写真を撮りたかったので
3種のチモシーをほぼ均等に入れましたが
レオさんにあげるときは1番刈りを6、7割にしています。

あじみ
つまみぐい(真剣)

上記のチモシーのほかに、ウーリーのセレクト牧草ソフトティモシー2番刈りも
まあまあ反応が良かったので、これも常備牧草候補。

種類をあげればいいってもんではないけど
レオさんが上機嫌で食べてくれれば何でもいいやというのが
今の私の気持ちです。
-- 続きを読む --

category: うっ滞・歯切り・牧草

thread: うさぎ - janre: ペット

tb: --   cm: 2

懸案事項  


びょーん
牧草ビヨーン

[ 確認のため病院へ ]

7月25日に切った歯の状態を確かめるため
今日病院に行ってきました。

耳鏡で診察の結果、この間削った部分の
歯がまた尖っていることが判明。

またすぐ歯を切らなくてはならないのか
と焦りましたが

8月15日現在、25日の歯切り前に比べて
食欲、●の質量が良くなっているので

このままの状態をキープできれば歯切りは不要
異常があればまた歯切りという形になりました。

今後はレオさんの食欲・排泄はもちろんですが
口の動き・前足の汚れ等、歯の異常を見逃さないように
生活していきます。

[ 帰宅後のお腹痛い ]

それから今回、病院から帰宅後に軽いうっ滞を起こしました。

今日もらってきた常備用のうっ滞の薬を飲ませて様子見したところ
30分後には●が出て牧草を食べだしたのでほっとしました。
悪ければ病院にとんぼ返りか自宅で点滴(皮下輸液)コースかと思ったので。

現在は普通に食べたり飲んだりしてます。

歯切り以降、通院が凄くストレスのようです。
次回病院に行くのは3ヶ月ぐらい間をあけられればいいなぁ。

[ 費用 ]

○診察料 ¥1,620
○内服薬(シロップ10日分) ¥ 5,940

計 ¥7,560

category: うっ滞・歯切り・牧草

thread: うさぎ - janre: ペット

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。